家を壊しにかかります。

Dsc02860_4 囲炉裏のけむりで煤けて、いい色が出てます。

歴史を感じます。

全部壊して、新しく建て直した方が早くて安いのですが、もともとそこに有ったものを、極力使っていくことに意味があると、大工さんと想いを確認しながらいよいよ工事に入ります。

 とはいえ、やはり要らない所は壊していきます。

Img_0418_3

 

けっこう大胆・・・。

この頃の野草。

Img_0341

エンレイソウ

物件確保

Img_0027_3一階です。以前に他の方が改装しかけて、途中でやめていた空き家です。ここからスタートです。

物件探しは、時間がかかりました。現在は使っていなくても、やはり先祖代々引き継いできた家や土地は、なかなか譲ってはもらえませんでした。当然ですね。

ようやく自分のイメージにぴったりとした雰囲気の場所に、譲ってもらえる物件を見つけることが出来ました。二年程かかりました。

Img_0032_2

こちらが二階。柱、梁がむきだしです。

うまく見せて、いい雰囲気を出したいです。

Img_0050

このころは、雪が解けてふきのとうが出始めた時期でした。

Dsc02877

これから山菜がどんどんでてきます。

 

工事は知り合いの大工さんにお願いしました。頭の中にはすでに完成イメージが出来ていたそうです。